ブログBlog
2021.05.21

導入事例(北王流通株式会社 様)

講義機材・資材 貸出作業

食料品の保管と配送物流のご案内

【内容】緊急事態宣言の影響で、物流の需要が益々高まっている中、
関東6ヶ所に保管から配送まで、3温度帯の物流センターを有し、物流のノウハウを活かした、配送効率改善のご提案DMの発送
【作業の注意点】誠実なイメージで、優しい風合いの紙や封筒を選びました。
宛名のチェック、送付状、案内の2点封入。
普段は封緘機などを使いますが、今回は封筒のフラップに口糊加工が施されており、水をつけて封緘しました。
2021.04.12

導入事例(一般財団法人 日本原子力文化財団 様)

講義機材・資材 貸出作業

講義機材・資材 貸出作業

一般財団法人 日本原子力文化財団様では、全国の中学校・中等教育学校・高等学校等を対象に、エネルギーや原子力、放射線等に関する専門家を無料で派遣し、実験や講義を実施されています。
弊社ではこの実験などに利用する機材管理、講義に利用する資料の印刷、そして実際に梱包・発送を行うところから、利用後に返送されてくる機材の動作チェック・管理業務を承っています。
【発送依頼】様々な機材・資材を細かく準備し、それらを間違いなく出荷できるようにするために、弊社の「Web発注依頼システム」をご利用いただきました。これによって平均7種類、最大17種類もある非常に詳細な「出荷指示」を、一切間違えることなく出荷手配しております。「送り間違い」によるミスはここ数年振り返っても、皆無です。
【印刷】講義に利用する資料は訪問する専門家の先生毎に内容が違う上、講義後に行うアンケートにはそれぞれの「学校名」を入れて印刷しております。その為、必要な資材の印刷作業は出荷直前にオンデマンド印刷にて対応。その印刷内容に間違いが出ないよう、クラウドサービスを利用してやりとりしました。財団ご担当者様にも事細かなご協力を賜りながら、ミス無く取り進めております。
【梱包・発送作業】実験機材として「放射線測定器」があり、これは電池を入れて使用する機材になるため、出荷時に「電池容量が不足していないか」「異常値を検出したりしないか」などの動作チェックを行っています。これ以外にも実験に使用する資材・講義に利用される資料などはかなり細かい出荷前チェックが必要なため、2人体制で準備・確認作業を行っております。
【返品・管理作業】利用後、返送されてきた機材や資材を検品し、在庫に戻します。
前述の「放射線測定器」はこの返送されてきた時点でも「電池容量と動作チェック」を行い、問題が無いことを確認した上で在庫に戻します。電池容量が減っていれば交換、異常値が出たり液晶が割れてしまっているなどの問題が発生している機体は「財団様確認分」に分離し、在庫とは別にします。
その他にも実験資材は生徒が利用した後、そのまま戻される資材もあるため、これらは次回再度利用出来るようメンテナンスし、在庫に戻します。
2021.04.12

導入事例(株式会社サポートシステム 様)

各種模擬試験資材 梱包発送作業

各種模擬試験資材 梱包発送作業

株式会社サポートシステム様は、学生を対象とした各種プログラムを行う就職支援の専門会社様です。学生支援に特化した事業を展開し、多種多様な教材やサービスを展開されております。弊社へは各種模擬試験・WEBテスト教材をお預けいただき、模擬試験を実施される際には多種多様な資材を学校様へお届けする業務を承っております。
【発送依頼】非常に事細かなご依頼をいただきますし、なおかつ実施される学校様の環境によっても発送内容が細かく変わってくることもあり、発送指示には弊社の「Web発注依頼システム」をご利用いただいております。これによって、全120種近く存在する資材を間違えることなく出荷手配しております。
【梱包・発送作業】ひとつのテストを実施するだけでも「テスト」以外に「解答解説」や「マークシート」といった4~7種類の副資材を準備する必要があり、さらに実施するテストが増える場合には4・5種類の資材がプラスされていくため、それらを間違いなく正確に出荷できるようにするためには、作業全体を1人で通して担当するのはリスクが高いです。その為、常に「ピッキング担当(倉庫から出荷物を集めてくる役)」と「梱包作業担当(集められた資材が正しいか確認をしつつ、梱包作業を行う役)」の2人体制で準備・確認作業を行って丁寧に出荷手配を掛けております。
2021.04.08

導入事例(freee株式会社 様)

「認定証」印刷・セット・梱包・発送作業

「認定証」印刷・セット・梱包・発送作業

freee株式会社様は、中小企業を初めとした法人・個人事業主様向けの事務管理(バックオフィス)を効率化するためのSaaS型クラウドサービス(「会計freee」、「人事労務freee」など)を開発、運営するフィンテック企業様です。(引用:Wikipedia)
freee様では『スモールビジネスを、世界の主役に。』をミッションに「freee認定アドバイザー」制度を設けられており、要件を満たされた会計事務所を中心とした方々へ「認定証」を贈られています。
この「認定証」の印刷、額縁セット、梱包・発送作業を承りました。
【印刷】
オンデマンド印刷にて対応。宛名をヴァリアブル印刷いたしました。
上部「認定アドバイザーマーク(青い円)」は印刷だけではインパクトが弱かったため、メタリックブルーのシールを作成し、貼付しました。
【セット作業】
アクリル製の額縁に1枚ずつセット。ここに納められる「宛名」と、最終的な梱包後に貼付される「発送伝票」の宛名に間違いがあってはいけないので、1件ずつ額縁にセットしながら、伝票も一緒にあわせていきます。
【梱包・発送作業】
非常に薄い品物になりますので、『ヤッコダンボール』を使用して梱包。1件ずつ「ワレ物注意」「下積み厳禁」などの注意喚起シールを貼ります。(あまり見た目には良くありませんが、取り扱うドライバーへの注意喚起はこのシールが一番効果があります。)
全ての作業を「問題無く」完了した事を確認し、全件出荷しました。